ブドウは夏バテ対策に適した果物

夏場は暑さで食欲が減退し、体力が低下しがちです。
そんな時おすすめなのが、水分と栄養を同時に摂取でき、食欲がない時でも甘くて食べやすいブドウです。

ブドウには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれ、活性酸素を無害化する抗酸化作用があります。
抗酸化作用により、動脈硬化や心筋梗塞の予防、老化防止、眼精疲労回復などが期待できます。
アントシアニンは果皮に多く含まれているため、欧米人はブドウを皮まで食べるのが一般的なようです。
果実に多く含まれるブドウ糖や果糖は、疲労回復効果があります。
ブドウに含まれる糖質は、体内ですばやくエネルギーに変化するため、肉体疲労時や病中病後の栄養補給に適しています。

ブドウはその栄養価の高さから、ヨーロッパでは「畑のミルク」とも呼ばれています。
夏場は水分と栄養補給を兼ねてブドウを食べることで、夏バテ解消につながると思います。
今年はブドウを食べて暑い夏を乗り越えましょう。アヤナスっていくらくらいなの?