脱毛は痛いの?

「脱毛は痛い」という観念が誰でもありますよね。
結論から言えば、いたいものもありますし、痛くないものもある。ということです。
施術方法によりその痛みは違ってきます。また、脱毛の部位によってその痛みも違ってきます。
脱毛方法や個人の感じ方に差異はありますが、痛みの大小を問わず、痛みを感じるものが多いです。
脱毛法として人気のレーザー脱毛は、処置中に熱さを感じたり、処置後にヒリヒリと痛むことがあります。
フラッシュ脱毛やプラズマ脱毛などは比較的痛みの少ないものとされていますが、レーザー脱毛のように軽度のやけどのような、ヒリヒリとした痛みが処置後に出ることがあるようです。
しかし、最近、開発されましたハイパースキン脱毛という方法は、全く痛みがアない方法といわれています。
またニードル脱毛のような電気脱毛は特に処置中の痛みが強い部類に入ります。効果が高い脱毛法ではありますが、毛穴の一つ一つに処置していくため時間がかかるので、痛みに弱い方には向きません。
反対に、超音波脱毛や高周波脱毛、サーミコン式脱毛などは、使い方さえ正しければ痛みを感じにくい脱毛法といわれています。
また、痛みが強い方法のほうが効果が高いということもあるようですね。
そして、痛みが少ない方法では、何回も施術しなければ効果が表れにくいということも言えますね。
PMKメディカルラボの脱毛体験を無料でできます