水着の季節になると

私のムダ毛処理としては、足や腕は範囲が広いので脱毛クリームを使っています。脱毛クリームでは処理しきれていない部分は冬場等露出の低い服を着る際にはカミソリで処理しています。
Read the rest of this entry »

2ヶ月程度に一回は確実に

元々毛が濃く、毎日か2日に一回は剃らないとチクチクしてきて困っていました。
Read the rest of this entry »

脱毛エステは痛い!?

正直、脱毛エステに痛みは伴うのかというと、痛さは気にならないことが多いと思います。比喩としてよく用いられるのは、輪ゴムで肌を弾かれたような痛みといわれます。ただし、脱毛部位によっても痛みへの耐性も異なりますし、個々人によって痛みに強いかどうかにも差があります。契約をかわす前におためしコースなどを体験してみて、継続可能な痛みかどうか、見極めてください。 Read the rest of this entry »

脱毛サロンの速さを重視するなら

脱毛サロンでの脱毛プロセスに即効性を求めていると、がっかりし、サロン利用のデメリットとして感じるかもしれません。というのも脱毛サロンで施術時に使用する機器は脱毛クリニックの医療用の機器よりも効果が小さいためで、さらに効き目の速度も数段落ちます。脱毛の速さを最重視するのなら、脱毛サロンではなく、脱毛クリニックをおすすめします。 Read the rest of this entry »

脱毛サロン、通う期間を短くしたいなら

いわゆる毛深い人に関していえば、脱毛エステで自分の満足できる肌の状態になるまで時間がかかってしまうことが多いようです。毛深くない人が脱毛完了まで12回ほど施術を受けるだけで済ませてしまえるとするとちょっと毛深い人はさらに5、6回追加で通う必要があるかもしれません。時間をあまりかけたくない人は、脱毛クリニックの方が期間は短く済むことでしょう。 Read the rest of this entry »

脱毛して、ツルツルの背中を手に入れたいなら

ワキのムダ毛を脱毛サロンのプロの手で処理してもらえることの最大のメリットといえば脱毛完了後の見た目が自然できれいなことでしょう。カミソリや毛抜き、薬品などを使って自己処理ばかり行っていると黒ずみやざらつき、埋没毛も出てきますし、それにムダ毛はすぐに生えかわってくるものです。人目を気にせず堂々と腕をあげてワキをさらせるようにしたいのなら脱毛サロンや脱毛クリニックでプロに脱毛してもらうのがよいでしょう。 Read the rest of this entry »

脱毛サロンの、コースの基本回数とは

脱毛サロンのコースは6回というものが多いですが、ワキなどのデリケートな場所では6回だとつるつるにならない場合もあります。毛の量や濃さなどの個人差などから、この回数で満足している人もいますが、施術をまだ受けたいと思うことが多いことでしょう。基本回数以降の料金については、施術を受ける前に確かめておくことが大事だと思います。 Read the rest of this entry »

医療脱毛と、脱毛サロンの違い

「医療脱毛」と「脱毛サロン」は、一体何が違うのでしょうか?医師や看護師によるレーザーを使用した脱毛を医療脱毛といい、そして、永久脱毛ができます。脱毛サロンでは使用する機器自体が違い、医療脱毛で使う強力な光を照射する脱毛機器は使用できないこととなっています。 医療脱毛と比べたとき効果では勝てませんが、その分、痛みが軽減され肌の負担も最小限に抑えられるためあえて、選択として脱毛サロンの方にする方もいるでしょう。 Read the rest of this entry »

脱毛エステにかかる期間はどのくらい?

脱毛エステにどれくらいの期間がいるのかというと、2、3か月に1回ほどの施術を満足するまで行うので、人によって差はあります。施術が6回で十分だと思ったら、ざっと1年から1年半の期間通うことになるでしょう。満足するのに一箇所で12回ほど施術する人が多く、2年から3年ほど必要になってくるでしょう。毛周期に合わせる必要があるので、1か月ごとに受けても意味はほとんどないでしょう。 Read the rest of this entry »

2箇所以上の脱毛なら、サロンの掛け持ちがお得?

体の二箇所以上を脱毛しようと考えている方たちには、掛け持ちで脱毛エステに通っている人が少なくないのが事実です。同じエステに脱毛処理をすべてお任せするよりも、費用がかからないことも多いからです。それでも、掛け持ちの面倒くささは無視できませんし、お金の節約になると限ったわけでもありません。かかるお金も脱毛効果の具合もじっくり比べて見極めて、掛け持ちの甲斐があったと言えるようにしてください。 Read the rest of this entry »